人気ブログランキング | 話題のタグを見る

五合庵

001.gif009.gif013.gif015.gif028.gif032.gif040.gif061.gif
五合庵の写真はたくさんの人が撮っているため、みんな同じ写真になってしまう。
だからちょっと変わったアングルで狙って見た。
五合庵_a0267861_21132171.jpg
五合庵_a0267861_21133869.jpg

大きな杉の木の前に五合庵と書かれた石碑がある。今まで気づいた事がなかった。
五合庵_a0267861_2114617.jpg

 焚くほどは 風がもてくる 落葉かな

(解釈)
私が庵で燃やして煮炊きするくらいは、風が吹くたびに運んでくれる落ち葉で、十分間に合うことだ。
だから私にとって、この山の中での暮らしは、物に乏しくとも満ち足りていることよ。
五合庵_a0267861_21143231.jpg

Canon EOS 70D  TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F11 1/100秒  ISO800 12:31 晴れ
撮影日 2014.11.8 撮影地 燕市国上・五合庵

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

# by chonger53 | 2014-12-12 21:15 | 歴史

国上寺の紅葉

001.gif013.gif026.gif032.gif058.gif071.gif
黒という色が写真にもたらす影響について、ある写真雑誌に解説されていた。
作品づくりのポントは黒の効果的な活用法で決まる。
最初の写真はそんなイメージに仕上げている。
この坂道から見える紅葉に露出を合わせ、木漏れ日のあたる部分はマイナス補正で黒を引き締めている。
人物の位置は木漏れ日の部分の所に来た時がシャッターチャンスとなるが、顔が分からないようにするには上の部分が良い。

黒を入れる割合も重要だ。一歩間違えれば無駄な黒い空間が広がっているだけとなるが、この写真は黒の部分に木漏れ日のハイライトがある事で救われている。
国上寺の紅葉_a0267861_2024736.jpg

今度はバックの活かし方について考えて見たい。
観光に訪れた大勢の人たちは良寛さんの銅像を正面から撮影していた。
その背後は雑木林で紅葉はない。
良寛さんの後ろから撮影すれば、国上寺の本堂前にある紅葉が背景となる。
そうすると良寛さんが紅葉を見ながら喜んでいる顔が想像できる感じがする。
このアングルで撮影していたのは私、一人だった。
国上寺の紅葉_a0267861_2031359.jpg
国上寺の紅葉_a0267861_2033289.jpg
国上寺の紅葉_a0267861_203545.jpg

国上寺から五合庵に向かう途中の杉林で見つけた紅葉である。
国上寺の紅葉_a0267861_2043879.jpg

前の写真からカメラを右に向けると花梨の樹があったのでちょっと入れて見た。
国上寺の紅葉_a0267861_2045831.jpg

Canon EOS 70D  TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F11 1/125秒  ISO800 12:13 晴れ
撮影日 2014.11.8 撮影地 燕市国上・国上寺

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

# by chonger53 | 2014-12-11 20:04 | 風景

乙子神社

013.gif018.gif027.gif039.gif058.gif071.gif
61歳になった良寛は五合庵の老朽化と朝夕の山道の登り降りが老身にこたえるようになり、文化13年(1816年)から約10年、乙子神社社務所に移り住む。以来、誰いうこともなく乙子神社草庵と呼ぶようになった。
乙子神社_a0267861_21394133.jpg

乙子神社草庵
乙子神社_a0267861_21395713.jpg

良寛こもれびの道
乙子神社_a0267861_2140866.jpg

Canon EOS 70D  TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F11 1/80秒  ISO500 11:02 晴れ
撮影日 2014.11.8 撮影地 燕市国上・乙子神社

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

# by chonger53 | 2014-12-10 21:40 | 歴史

本覚院

013.gif027.gif032.gif071.gif
本覚院は真言宗の寺院であり、国上寺の末寺である。御本尊は、大日如来。
五合庵を出なければならなくなった良寛が移り、仮寓した場所でもある。
本覚院_a0267861_2023275.jpg

本覚院の駐車場脇には山頭火句碑「青葉分け行く 良寛さまも 行かしたろ」が山頭火没後五十年追善供養として建てられている。
本覚院_a0267861_20241595.jpg

良寛歌碑の「やまぶきの 花をたおりて おもふどし かがす春日は くれずともがな」と書かれている。
本覚院_a0267861_2025328.jpg

本覚院_a0267861_20243899.jpg

「良寛書の碑文」
伊づ具登毛かへ圀 春連登わが古々路 具がみの左登に 満佐る登古奈之
本覚院_a0267861_2026178.jpg

本覚院_a0267861_20262118.jpg

「良寛書の碑文」
擔薪下翠岑 々々道不平 時息長松下 静聞春禽聲

「碑文の読み下し文」
薪(たきぎ)を擔(にな)いて翠岑(すいしん)を下る
翠岑(すいしん)道(みち)平(たいら)かならず
時に息(いこ)う長松(ちょうしょう)の下(もと)
静かに聞く春禽(しゅんきん)の声

(解釈)
薪を背負って青々とした山の峰をくだる。その道はなかなか険しい。
たまに高い松の木の下で休み、春の鳥のさえずりを心静かに聞いている。
本覚院_a0267861_20264634.jpg

本覚院_a0267861_20284318.jpg

この坂を上ると五合庵に着く。
本覚院_a0267861_20542543.jpg

Canon EOS 70D  TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F8.0 1/50秒  ISO800 10:32 晴れ
撮影日 2014.11.8 撮影地 燕市国上・本覚院

良寛の月見坂
# by chonger53 | 2014-12-10 20:23 | 風景

酒呑堂子神社・五重塔の紅葉

008.gif015.gif026.gif039.gif042.gif031.gif068.gif071.gif
道の駅「国上」付近にある酒呑堂子神社の五重塔を撮影する。
しかし、電線、看板、柵、のぼり旗などがあり、簡単に撮れそうな場所がない。
五重塔全体を写すとどうしても余計な物が入ってしまう。
とにかく京都にある八坂の塔みたいに撮りたいと、出来る限り無駄なものを省いて紅葉を入れ込んで見た。
酒呑堂子神社・五重塔の紅葉_a0267861_23352535.jpg
酒呑堂子神社・五重塔の紅葉_a0267861_23354269.jpg

Canon EOS 70D  TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F11 1/100秒  ISO500 内蔵ストロボ調光補正+1.0 8:49 晴れ
撮影日 2014.11.8 撮影地 燕市・酒呑堂子神社の五重塔

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

# by chonger53 | 2014-12-09 23:35 | 風景