人気ブログランキング | 話題のタグを見る

明日から選抜高校野球

039.gif051.gif057.gif066.gif
今日の甲子園は雨、開会式の予行練習はスタンドで行われた。
第86回選抜高校野球大会が明日、開幕する。
春の頂点を目指して32校の熱戦が始まる。

有力校、注目校を挙げてみたい。
スポーツ紙などの予想では龍谷大平安、日本文理、沖縄尚学、横浜が優勝候補になっている。
まず日本文理だが、新潟県の代表校が優勝候補に挙がるなんて過去にあったためしがない。
その戦いぶりは昨秋の明治神宮大会で準優勝し、実力が証明された。
決勝戦では、大会新記録となる5本の本塁打を放った。
初戦の相手が東海大会準優勝の豊川である。初出場だがエースの田中を中心に堅実な守備が光る。
新潟アルビレックスBCのギャオス内藤監督の母校で、先週の全体練習時に「どっちを応援しますか?」と私は質問してみた。
「僕は組み合わせで当たるような感じがした。母校の応援に行きたいけど練習なのでTVで観戦します。」と話してくれた。
日本文理が全国制覇するためには、エースの飯塚が毎試合3点以内に抑えて、打線が5点以上取る事が理想の試合運びとなる。

0-8から粘り強く日本文理に逆転し、明治神宮大会に優勝した沖縄尚学は、初戦で近畿大会ベスト4の報徳学園と対戦する。

近畿大会優勝の龍谷大平安は、府大会で7試合66点を記録した強力打線と投手陣の継投で2年連続38回目の出場を果たした。

関東大会は2回戦で敗れた横浜はプロ注目の浅間、高浜など昨夏レギュラー8人がそのまま残り戦力評価は高い。
初戦の相手は好打者の北條がいる青森の光星だ。

注目校は27年ぶりに出場する四国大会準優勝の池田だ。
故・蔦監督のゆるキャラも作って地域を挙げて応援する。

中国大会準優勝の広島新庄は初出場だが、迫田監督の采配が楽しみだ。
如水館監督の迫田穆成氏の実弟である。

関東大会ベスト4の山梨学院大付は2009年春の選抜で清峰を初優勝に導いた吉田洸二監督だ。
長崎県教職員を退職し、昨年4月に出身大学(山梨学院大)が実績を評価し監督として招聘された。

さあ、まずは日本文理の初戦をじっくり応援してみたい。
明日から選抜高校野球_a0267861_19411578.jpg

Canon EOS 50D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F8.0 1/640秒 ISO400 14:21 雨のち曇り
撮影日 2012.8.13 撮影地 兵庫県西宮市・阪神甲子園球場

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

by chonger53 | 2014-03-20 19:41 | スポーツ
<< 新潟雪割草まつり 三條太鼓の演奏 >>