県央工コールド勝ち!

003.gif049.gif057.gif058.gif066.gif
3日、第128回北信越高校野球県大会は3回戦が行なわれ県央工は三条商を8-1(八回コールド)で
破り16強入りを決めた。
明日6日、三條機械スタジアムで12:30から新潟南と対戦する。

試合前、外野へノックを打つ井口部長。
1995年、六日町高3年生の時、夏の甲子園大会に初出場した。
今冬は体力増強のためか市民体育館で走っていた姿を何度もお見かけした。
a0267861_22284044.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6 1/1600秒 ISO500 12:28 雨のち晴れ
撮影日 2013.5.3 撮影地 長岡市・悠久山球場

一回裏、本宮選手(3年)の二塁打で県央工は1点を先制する。
a0267861_22285357.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6 1/1250秒 ISO320 13:01 雨のち晴れ
撮影日 2013.5.3 撮影地 長岡市・悠久山球場

今日のゲームで私のテーマは四番の赤塚選手(3年)の打撃フォームを連続写真で撮影する事に決めていた。
所が三条商の投手陣が彼に対して3四死球の連発で、思ったような写真が撮れない。
投手のピッチングフォームを撮影する時は問題ないが、打者の場合は見逃しや打ち損じ等があるためにヒットの連続写真を撮影する確立は非常に難しい。
前の3打席は1球ごとに全部シャッターを押したのでなんと200カットも撮っている。
それが全部ボツになってしまった。
フィルム時代ならもったいなくて撮影は出来ないが、デジタルだからこそのチャレンジである。
でもカメラのシャッターユニットは悲鳴をあげている。(涙)
思わず「いい球なげれっやあ!」と怒鳴った!
a0267861_2229617.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6 1/1250秒 ISO400 13:05 雨のち晴れ
撮影日 2013.5.3 撮影地 長岡市・悠久山球場

ようやく4打席目で赤塚選手の三塁打を12分割の連続写真で撮る事が出来た。
私の執念の激写である。
その中の1枚がこの写真だが惜しい事にインパクトの瞬間を撮り逃している。(泣)
次ぎのカットはもうバットを振り切っていた。
私のメイン機種であるEOS7Dは秒間8コマ撮影できるが、やっぱりEOS1DXがほしい(秒間12コマ撮影可能)
カメラの性能よりもっと腕を磨けって事かな?
明日の試合前に連続写真を監督に見てもらおう!
a0267861_22293490.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6 1/1250秒 ISO640 14:19 雨のち晴れ
撮影日 2013.5.3 撮影地 長岡市・悠久山球場

スコアラーも守備陣にポジショニングの指示を出す。
これぞ全員野球の真髄だ。
a0267861_22294973.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6 1/1250秒 ISO800 13:25 雨のち晴れ
撮影日 2013.5.3 撮影地 長岡市・悠久山球場

最後は相手投手のボークで三塁ランナーがホームインしあっけなくコールドゲームが成立した。
校歌を唄う県央工ナイン!
a0267861_2230082.jpg

Canon EOS 50D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F8.0 1/1250秒 ISO500 14:41 雨のち晴れ
撮影日 2013.5.3 撮影地 長岡市・悠久山球場

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2013-05-05 22:29 | スポーツ
<< BCリーグ・新潟16-1群馬 加茂山公園 >>