人気ブログランキング | 話題のタグを見る

グラウンド整備

002.gif008.gif039.gif042.gif057.gif
9日、10日に桐生第一高校を招待しての親善高校野球大会(三条野球連盟主催)が三條機械スタジアムで行なわれた。
1日目の結果
桐生第一9-0三条商(7回コールド)
桐生第一10-2三条東(5回降雨コールド)

2日目の朝も霧雨が降り続き、前日の雨でグラウンドコンディションは最悪だった。
午前9時からの第一試合に向けて生徒や先生、グラウンド管理者達が早朝から懸命にスポンジで水を吸い取ったり、一輪車で土を入れたりしている。
しかし大勢で入れば入るほど内野はぬかるみ、トンボで均しても凸凹になる始末である。
これは中止かなと思っていた。
グラウンド整備_a0267861_19534369.jpg

Canon EOS 50D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F11 1/160秒 ISO400 10:24 雨
撮影日 2012.6.10 撮影地 三条市月岡・三條機械スタジアム

私が高校2年生の秋に東海大相模の原貢監督を長岡市に招いて当時の柴山監督(長岡)、黒田監督(長岡商)、鈴木監督(中越)、提中監督(糸魚川商工)を囲み「甲子園で勝つ野球」の座談会が行なわれた。
新聞記事によれば原監督は「新潟勢はパワー不足でヒ弱い感じがする」とコメントされている。
東海大相模では60人あまりいる選手に球拾いはなく、1年生でも同じポジションでレギュラーたちと競い合わせるている。

原監督は「指導者は教育の心を持って選手に接しなければいけない」とも云っている。
野球には守りと攻めで心の持ち方が違う。三振した事ばかり考えて守っていれば必ずエラーが出る。
失敗しても気持ちを切り替えてプレーに集中する事が重要なのだ。

私の友人が長岡商の選手で原監督から打撃指導を受けている。
スイングはあくまでもダウンスイングではなく、レベルスイングが基本である。
グリップを深く握るとリストを殺してしまう、手先に豆が出来るように握る事である。
右打者のインコースの打ち方は引っ張るのではなく左手で払うという感じが正しい。右手で打つからファールになる。

バントは腰の入れ方が大事である。
ボールを真上に上げ、バットを顔の正面で受けるバント練習をすすめる。
バットのヘッドはツリ竿の先のように思えば良い。
グラウンド整備_a0267861_19543927.jpg

Canon EOS 50D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F8.0 1/200秒 ISO400 11:19 雨
撮影日 2012.6.10 撮影地 三条市月岡・三條機械スタジアム

自分勝手なコメントだが今日は中止にして桐生第一の福田監督から技術指導をしてもらったらどうかと思った。
部員達は自分の学校の監督や部長から教わるだけだが、他校の監督からバッティングやピッチングを指導してもらう事はないと思う。
試合だけが選手達のためになるとは思えない。

二年前の招待試合で三条東の選手達が試合中の桐生第一の投手の球速や球種をネット裏で調べていた。
よけいなお世話だが私は「夏の予選で戦うわけではないので意味がないだろう。それより福田監督がベンチで相手投手の攻略法とか、何故選手が怒られたのかをしっかり近くで聞いてメモし、今後のミーミーティングで全員に報告しろ!」と話した事があった。
そしたら数名の選手達はすぐにベンチ脇のカメラ席に移動して聞く耳を立てている。
その年の夏の大会で三条東は創部初のベスト4に進出したのである。
やっぱりこういう素直な選手がいる時のチームは強いのだ。

みんなの協力でグラウンド整備がようやく終わり、雨のままついにゲームが始まったのだった。
2日目の結果
桐生第一7-5三条
桐生第一6-3県央工
グラウンド整備_a0267861_19535331.jpg

Canon EOS 50D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F11 1/100秒 ISO200 8:56 雨
撮影日 2012.6.10 撮影地 三条市月岡・三條機械スタジアム

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

by chonger53 | 2012-06-12 19:54 | スポーツ
<< 泥んこ野球 フローリストルミノ >>