タグ:その他 ( 344 ) タグの人気記事

第47回衆議院総選挙終わる

003.gif007.gif015.gif040.gif051.gif065.gif
突然のアベノミクス解散に伴う衆議院総選挙は14日投開票が行なわれ、自民、公明が圧勝する形となった。
私の選挙区である新潟4区では女の戦いと全国的にも注目された金子恵美さん(自民前)が当選した。
小選挙区では少差で金子さんに惜敗した菊田真紀子さん(民主前)は比例区での復活当選を果たした。
候補者達は選挙期間中、早朝から辻立ち(ツジダチ)したり、企業の朝礼に参加したりして投票を呼びかけた。
個人演説会では大物議員の応援に泣きながら話す姿は、その必死さが伝わってくる。

さあ、これから4年間、三条市のためにしっかりと働いてもらいたい。
a0267861_2128674.jpg


人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-12-15 21:27 | その他

元禄15年12月14日

009.gif026.gif032.gif038.gif045.gif047.gif071.gif072.gif
この日が来ると私はいつも忠臣蔵の物語を思い出す。
中山安兵衛武庸は新発田藩溝口家家臣の中山弥次右衛門の長男として誕生した。
しかし、安兵衛が13歳の時、父が櫓失火の責を負って浪人となる。
ほどなくして父が死去。
孤児となった安兵衛は、親戚を頼って江戸へ出る。
そして堀内道場に入門し、剣術の才で頭角をあらわした。
安兵衛は生涯二度にわたるあだ討ちをしている。
最初は、高田馬場の決闘だ。
元禄7年2月11日 、同門の菅野六郎左衛門(伊予国西条藩松平家家臣。安兵衛と親しく、甥叔父の義理を結んでいた)が、高田馬場で果し合いをすることになり、安兵衛は助太刀を買って出て、相手方3人を斬り倒した。
これを知った赤穂浅野家家臣・堀部弥兵衛が安兵衛を娘の婿養子に迎えたいと熱望する。
はじめは中山姓に執着したため、断っていた安兵衛だが、弥兵衛の思い入れは強く、主君の浅野内匠頭に「堀部の家名は無くなるが、それでも中山安兵衛を婿養子に迎えたい」旨を言上した。
これを聞いた安兵衛もついに折れ、中山姓のままという条件で堀部家の婿養子に入ることを決める。
元禄10年(1697年)に弥兵衛が隠居し、安兵衛が家督相続。このとき、中山姓から堀部姓に変えている。
赤穂藩での安兵衛は、200石の禄を受け、御使番、馬廻役となった。

元禄14年3月14日、主君・内匠頭が江戸城松之大廊下で高家・吉良上野介に刃傷に及び、内匠頭は即日切腹、赤穂浅野家は改易と決まった。
安兵衛は江戸急進派と呼ばれる勢力のリーダーとなり、赤穂へ赴き、筆頭家老・大石内蔵助と面会。篭城か仇討を主張したが、弟の浅野大学による浅野家再興を優先することを諭されて、赤穂城明け渡しを見届けた後、江戸に戻る事となった。
その後も安兵衛ら江戸急進派は敵討を主張。
大石は彼らを説得するために江戸へ下り、一周忌となる元禄15年3月14日の決行を約束して京都へと戻っていった。
しかし大石は主君・内匠頭の一周忌が過ぎても決起はしなかった。
再び大石と面会するために安兵衛は、元禄15年6月29日に京都へ上った。事と次第によっては大石を切り捨てるつもりだったともいわれている。
7月18日、弟大学の浅野宗家への永預けが決まり浅野家再興が絶望的となると、大石も覚悟を決めた。
いわゆる京都円山会議にて、明確に仇討ちを決定した。安兵衛はこの決定を同志たちに伝えるべく、江戸に戻った。

そして人生2度目のあだ討ちの日が来た。
元禄15年12月14日、赤穂浪士四十七士は本所松阪の吉良家屋敷に討ち入った。安兵衛は裏門から突入し、大太刀を持って奮戦した。
1時間あまりの戦いの末に赤穂浪士は上野介を討ち取り、本懐を遂げたのである。

討ち入り後、赤穂浪士たちは4つの大名家の屋敷にお預けとなり、安兵衛は大石の嫡男・大石主税らとともに、伊予松山藩主・松平定直の江戸屋敷へ預けられた。
元禄16年2月4日、幕府より赤穂浪士へ切腹が命じられた。享年34。
主君・内匠頭と同じ江戸高輪の泉岳寺に葬られた。

安兵衛が切腹して311年。今年も新発田では義士祭が行なわれた。
a0267861_23423587.jpg

本丸表門
a0267861_9184590.jpg

新発田城辰巳櫓
a0267861_919291.jpg

三階櫓
この場所は膝下まで雪に埋もれて撮影した。
a0267861_12274137.jpg

Canon EOS 70D  TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F11 1/250秒  ISO500 14:54 雪
撮影日 2014.12.6 撮影地 新発田市・新発田城

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-12-14 23:42 | 歴史

西生寺・永代供養墓地公園「天翔園」

009.gif018.gif032.gif
平成15年に誕生した永代供養墓地公園「天翔園」は、日本海を望む山の斜面に造られている。
a0267861_17521248.jpg

ご本尊を模した「阿弥陀如来像」やぐるりと囲む「十三仏」が鎮座する。
今年も大勢の有名人が亡くなった。
皆さんのご冥福を心からお祈りいたします。
a0267861_1752247.jpg

夕陽の写真を撮りたかったが、曇り空で期待できそうもない。
近くには大展望台があり、新潟県景勝100選の第8位に選ばれた絶景の景色が広がる。
愛知県から訪れていた旅行客としばし語らい時間をつぶす。
a0267861_17523685.jpg

Canon EOS 70D  TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F16 1/60秒  ISO200 内蔵ストロボ調光補正なし 15:02 曇り
撮影日 2014.11.8 撮影地 長岡市寺泊野積・西生寺・永代供養墓地公園「天翔園」

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-12-13 17:53 | 風景

良寛の道

002.gif008.gif015.gif021.gif033.gif042.gif061.gif071.gif
五合庵を後にして、菅原神社に行って見た。
銀杏が落葉すると綺麗な場所なのだが、まだ早いだろうと思いつつ、やっぱり早すぎた。
黄色がほとんど目立たないのでモノクロにして見た。
昔撮った画像はこちらです。
a0267861_2235744.jpg

Canon EOS 70D  TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F8.0 1/80秒  ISO1000 13:07 晴れのち曇り
撮影日 2014.11.8 撮影地 燕市渡部・菅原神社参道




人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-12-12 22:04 | 風景

五合庵

001.gif009.gif013.gif015.gif028.gif032.gif040.gif061.gif
五合庵の写真はたくさんの人が撮っているため、みんな同じ写真になってしまう。
だからちょっと変わったアングルで狙って見た。
a0267861_21132171.jpg
a0267861_21133869.jpg

大きな杉の木の前に五合庵と書かれた石碑がある。今まで気づいた事がなかった。
a0267861_2114617.jpg

 焚くほどは 風がもてくる 落葉かな

(解釈)
私が庵で燃やして煮炊きするくらいは、風が吹くたびに運んでくれる落ち葉で、十分間に合うことだ。
だから私にとって、この山の中での暮らしは、物に乏しくとも満ち足りていることよ。
a0267861_21143231.jpg

Canon EOS 70D  TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F11 1/100秒  ISO800 12:31 晴れ
撮影日 2014.11.8 撮影地 燕市国上・五合庵

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-12-12 21:15 | 歴史

乙子神社

013.gif018.gif027.gif039.gif058.gif071.gif
61歳になった良寛は五合庵の老朽化と朝夕の山道の登り降りが老身にこたえるようになり、文化13年(1816年)から約10年、乙子神社社務所に移り住む。以来、誰いうこともなく乙子神社草庵と呼ぶようになった。
a0267861_21394133.jpg

乙子神社草庵
a0267861_21395713.jpg

良寛こもれびの道
a0267861_2140866.jpg

Canon EOS 70D  TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F11 1/80秒  ISO500 11:02 晴れ
撮影日 2014.11.8 撮影地 燕市国上・乙子神社

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-12-10 21:40 | 歴史

本覚院

013.gif027.gif032.gif071.gif
本覚院は真言宗の寺院であり、国上寺の末寺である。御本尊は、大日如来。
五合庵を出なければならなくなった良寛が移り、仮寓した場所でもある。
a0267861_2023275.jpg

本覚院の駐車場脇には山頭火句碑「青葉分け行く 良寛さまも 行かしたろ」が山頭火没後五十年追善供養として建てられている。
a0267861_20241595.jpg

良寛歌碑の「やまぶきの 花をたおりて おもふどし かがす春日は くれずともがな」と書かれている。
a0267861_2025328.jpg

a0267861_20243899.jpg

「良寛書の碑文」
伊づ具登毛かへ圀 春連登わが古々路 具がみの左登に 満佐る登古奈之
a0267861_2026178.jpg

a0267861_20262118.jpg

「良寛書の碑文」
擔薪下翠岑 々々道不平 時息長松下 静聞春禽聲

「碑文の読み下し文」
薪(たきぎ)を擔(にな)いて翠岑(すいしん)を下る
翠岑(すいしん)道(みち)平(たいら)かならず
時に息(いこ)う長松(ちょうしょう)の下(もと)
静かに聞く春禽(しゅんきん)の声

(解釈)
薪を背負って青々とした山の峰をくだる。その道はなかなか険しい。
たまに高い松の木の下で休み、春の鳥のさえずりを心静かに聞いている。
a0267861_20264634.jpg

a0267861_20284318.jpg

この坂を上ると五合庵に着く。
a0267861_20542543.jpg

Canon EOS 70D  TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F8.0 1/50秒  ISO800 10:32 晴れ
撮影日 2014.11.8 撮影地 燕市国上・本覚院

良寛の月見坂
[PR]
by chonger53 | 2014-12-10 20:23 | 風景

酒呑堂子神社・五重塔の紅葉

008.gif015.gif026.gif039.gif042.gif031.gif068.gif071.gif
道の駅「国上」付近にある酒呑堂子神社の五重塔を撮影する。
しかし、電線、看板、柵、のぼり旗などがあり、簡単に撮れそうな場所がない。
五重塔全体を写すとどうしても余計な物が入ってしまう。
とにかく京都にある八坂の塔みたいに撮りたいと、出来る限り無駄なものを省いて紅葉を入れ込んで見た。
a0267861_23352535.jpg
a0267861_23354269.jpg

Canon EOS 70D  TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F11 1/100秒  ISO500 内蔵ストロボ調光補正+1.0 8:49 晴れ
撮影日 2014.11.8 撮影地 燕市・酒呑堂子神社の五重塔

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-12-09 23:35 | 風景

お取り越し

005.gif013.gif029.gif032.gif072.gif
本日は石川雲蝶が制作した彫刻の撮影を依頼され、食事が済むとすぐに現場へ向かった。
ストロボの3灯ライティングで本体の影を弱くするのに苦労した。
露出や光の反射はフォトショップで修正し、データは明日納品する。

さて真言宗大谷派三条別院は先月3日から8日まで「お取り越し報恩講」が行なわれた。
この日の5日は171年ぶりの奇跡の月といわれる「後(のち)の十三夜」である。
このアングルでは月は豆つぶにしか写らない。
参道の露天と月を合成して見た。
a0267861_20504917.jpg

三条別院は昨年11月から本堂と旧御堂の修繕工事が行なわれていたが、お取り越しを前に終了し、約1年振りに阿弥陀如来像が本堂に帰った。
a0267861_20574075.jpg

新たに金箔が施され、黄金に輝く本堂は目を見張る。
a0267861_2058257.jpg

a0267861_20515678.jpg

Canon EOS 70D  TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F5.6 1/40秒  ISO1250 20:59 晴れ
撮影日 2014.11.5 撮影地 三条市本町2・真宗大谷派三条別院

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-12-08 20:52 | スナップ

第31回つばめ音楽祭  邦・洋楽部門2014

013.gif018.gif026.gif039.gif060.gif
つばめ音楽祭に出演した三条市吹奏楽団を撮影する。

このようなコンサートを1本のレンズで簡単に撮影するためにタムロン16-300mm F3.5-6.3 Di II VC PZD MACRO を購入して半年以上が過ぎた。しかし、使って見ると私が思っていたような撮影結果にならない感じがしている。

会場の中段席付近から撮影する。
ステージ全体は35mm側でほぼ納まっている。(フルサイズ換算で56mm)
ただ広角側では歪曲がタル型になる。35mmから50mmでは糸巻き型になっている。
真正面から撮影すると水平、垂直の線がどうしても歪むのが気に入らない。
少し斜め横から撮影して歪曲収差を目立たなくするように苦心するが、それでもこんな感じに写ってしまう。
a0267861_19582932.jpg
a0267861_19585833.jpg

演奏者を135mm側の中望遠域で写す。(フルサイズ換算で216mm)
これくらいの人数ならちょうど良いズーム領域だ。絞りをF8にすればピントもシャープになる。
a0267861_1959216.jpg
a0267861_19595136.jpg

望遠側の300mmで左端の鉄琴奏者をアップにした。(フルサイズ換算で480mm)
今までのSIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSMではここまで大きく撮れなかった。
ただ望遠にする事でAF速度が遅くなり、絞り開放値では解像力が悪い。
結局、絞りはF8以上にしないとシャープに写らないから、望遠レンズ特有のボケ感が期待できない。
そして若干、後ピンの傾向がある。
a0267861_2001524.jpg

最後に席を最前列付近まで移動して16mm側で撮影する。(フルサイズ換算で25.6mm)
左右両サイドの人物は切れて写っていない。
周辺光量落ちは広角側の開放値で目立つ。

レンズ1本で手軽に楽しめるのが魅力的だが、ズーム全域での開放時の解像力や広角側での歪曲がとても大きいのが気になる。
キャノンのEF-S18-200mmF3.5-5.6 ISに換えてみようかな?
a0267861_2003196.jpg

Canon EOS 70D  TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F8.0 1/125秒  ISO3200 17:03 雨
撮影日 2014.11.3 撮影地 燕市・文化会館大ホール

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-12-07 20:01 | スナップ