カテゴリ:歴史( 37 )

元禄15年12月14日

emoticon-0108-speechless.gifemoticon-0125-mmm.gifemoticon-0131-angel.gifemoticon-0137-clapping.gifemoticon-0144-nod.gifemoticon-0146-punch.gifemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0171-star.gif
この日が来ると私はいつも忠臣蔵の物語を思い出す。
中山安兵衛武庸は新発田藩溝口家家臣の中山弥次右衛門の長男として誕生した。
しかし、安兵衛が13歳の時、父が櫓失火の責を負って浪人となる。
ほどなくして父が死去。
孤児となった安兵衛は、親戚を頼って江戸へ出る。
そして堀内道場に入門し、剣術の才で頭角をあらわした。
安兵衛は生涯二度にわたるあだ討ちをしている。
最初は、高田馬場の決闘だ。
元禄7年2月11日 、同門の菅野六郎左衛門(伊予国西条藩松平家家臣。安兵衛と親しく、甥叔父の義理を結んでいた)が、高田馬場で果し合いをすることになり、安兵衛は助太刀を買って出て、相手方3人を斬り倒した。
これを知った赤穂浅野家家臣・堀部弥兵衛が安兵衛を娘の婿養子に迎えたいと熱望する。
はじめは中山姓に執着したため、断っていた安兵衛だが、弥兵衛の思い入れは強く、主君の浅野内匠頭に「堀部の家名は無くなるが、それでも中山安兵衛を婿養子に迎えたい」旨を言上した。
これを聞いた安兵衛もついに折れ、中山姓のままという条件で堀部家の婿養子に入ることを決める。
元禄10年(1697年)に弥兵衛が隠居し、安兵衛が家督相続。このとき、中山姓から堀部姓に変えている。
赤穂藩での安兵衛は、200石の禄を受け、御使番、馬廻役となった。

元禄14年3月14日、主君・内匠頭が江戸城松之大廊下で高家・吉良上野介に刃傷に及び、内匠頭は即日切腹、赤穂浅野家は改易と決まった。
安兵衛は江戸急進派と呼ばれる勢力のリーダーとなり、赤穂へ赴き、筆頭家老・大石内蔵助と面会。篭城か仇討を主張したが、弟の浅野大学による浅野家再興を優先することを諭されて、赤穂城明け渡しを見届けた後、江戸に戻る事となった。
その後も安兵衛ら江戸急進派は敵討を主張。
大石は彼らを説得するために江戸へ下り、一周忌となる元禄15年3月14日の決行を約束して京都へと戻っていった。
しかし大石は主君・内匠頭の一周忌が過ぎても決起はしなかった。
再び大石と面会するために安兵衛は、元禄15年6月29日に京都へ上った。事と次第によっては大石を切り捨てるつもりだったともいわれている。
7月18日、弟大学の浅野宗家への永預けが決まり浅野家再興が絶望的となると、大石も覚悟を決めた。
いわゆる京都円山会議にて、明確に仇討ちを決定した。安兵衛はこの決定を同志たちに伝えるべく、江戸に戻った。

そして人生2度目のあだ討ちの日が来た。
元禄15年12月14日、赤穂浪士四十七士は本所松阪の吉良家屋敷に討ち入った。安兵衛は裏門から突入し、大太刀を持って奮戦した。
1時間あまりの戦いの末に赤穂浪士は上野介を討ち取り、本懐を遂げたのである。

討ち入り後、赤穂浪士たちは4つの大名家の屋敷にお預けとなり、安兵衛は大石の嫡男・大石主税らとともに、伊予松山藩主・松平定直の江戸屋敷へ預けられた。
元禄16年2月4日、幕府より赤穂浪士へ切腹が命じられた。享年34。
主君・内匠頭と同じ江戸高輪の泉岳寺に葬られた。

安兵衛が切腹して311年。今年も新発田では義士祭が行なわれた。
a0267861_23423587.jpg

本丸表門
a0267861_9184590.jpg

新発田城辰巳櫓
a0267861_919291.jpg

三階櫓
この場所は膝下まで雪に埋もれて撮影した。
a0267861_12274137.jpg

Canon EOS 70D  TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F11 1/250秒  ISO500 14:54 雪
撮影日 2014.12.6 撮影地 新発田市・新発田城

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-12-14 23:42 | 歴史

五合庵

emoticon-0100-smile.gifemoticon-0108-speechless.gifemoticon-0112-wondering.gifemoticon-0114-dull.gifemoticon-0127-lipssealed.gifemoticon-0131-angel.gifemoticon-0139-bow.gifemoticon-0160-movie.gif
五合庵の写真はたくさんの人が撮っているため、みんな同じ写真になってしまう。
だからちょっと変わったアングルで狙って見た。
a0267861_21132171.jpg
a0267861_21133869.jpg

大きな杉の木の前に五合庵と書かれた石碑がある。今まで気づいた事がなかった。
a0267861_2114617.jpg

 焚くほどは 風がもてくる 落葉かな

(解釈)
私が庵で燃やして煮炊きするくらいは、風が吹くたびに運んでくれる落ち葉で、十分間に合うことだ。
だから私にとって、この山の中での暮らしは、物に乏しくとも満ち足りていることよ。
a0267861_21143231.jpg

Canon EOS 70D  TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F11 1/100秒  ISO800 12:31 晴れ
撮影日 2014.11.8 撮影地 燕市国上・五合庵

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-12-12 21:15 | 歴史

乙子神社

emoticon-0112-wondering.gifemoticon-0117-talking.gifemoticon-0126-nerd.gifemoticon-0138-thinking.gifemoticon-0157-sun.gifemoticon-0170-ninja.gif
61歳になった良寛は五合庵の老朽化と朝夕の山道の登り降りが老身にこたえるようになり、文化13年(1816年)から約10年、乙子神社社務所に移り住む。以来、誰いうこともなく乙子神社草庵と呼ぶようになった。
a0267861_21394133.jpg

乙子神社草庵
a0267861_21395713.jpg

良寛こもれびの道
a0267861_2140866.jpg

Canon EOS 70D  TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F11 1/80秒  ISO500 11:02 晴れ
撮影日 2014.11.8 撮影地 燕市国上・乙子神社

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-12-10 21:40 | 歴史

御会式前日

emoticon-0112-wondering.gifemoticon-0126-nerd.gifemoticon-0141-whew.gifemoticon-0157-sun.gifemoticon-0170-ninja.gif
法華宗総本山本成寺では12日「御逮夜」13日「御正当」で宗祖日蓮大聖人の命日の法要「御会式」が行なわれる。
前日にちょっと境内の様子を拝見した。
ライトアップされる花万灯も準備万端ってとこである。
今年は両日とも別な撮影があり行く事が出来なかった。
a0267861_20445369.jpg

a0267861_16394382.jpg
a0267861_16395414.jpg

赤門をくぐって天上を見上げると千社札が貼られている。
a0267861_1640325.jpg

Canon EOS 70D  SIGMA DC 17-70mmF2.8-4 MACRO OS HSM
F8.0 1/40秒  ISO500 内蔵ストロボ調光補正なし 13:54 晴れ
撮影日 2014.10.11 撮影地 三条市・本成寺

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-10-28 20:45 | 歴史

貞心尼と閻魔堂

emoticon-0109-kiss.gifemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0135-makeup.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0160-movie.gif
新組歴史散策ウォーキングコースというチラシを見つけた。
3つある中で貞心尼コースというのがあり長岡市北越戊辰戦争伝承館から貞心尼と閻魔堂まで5.5km(90分・約8600歩)歩いて廻るコースを自動車で行って来た。
良寛を研究している人には貞心尼もまた魅力的な存在の人物である。
昔の時代を体験し、その女心を知るためか、このお堂から良寛が住んでいた島崎の木村家まで歩く人もいるといわれている。
良寛70歳、貞心尼30歳の時、二人は運命的な出会いをする。
最期を看取った弟子の貞心尼が『蓮の露』に良寛の和歌を集めた。
a0267861_9333422.jpg

a0267861_934728.jpg

a0267861_9343296.jpg

a0267861_231134.jpg

Canon EOS 70D  SIGMA DC 17-70mmF2.8-4 MACRO OS HSM
F11 1/80秒  ISO1000 14:21 晴れのち曇り
撮影日 2014.10.4 撮影地 長岡市福島町・貞心尼と閻魔堂

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-10-26 23:01 | 歴史

光福寺

emoticon-0108-speechless.gifemoticon-0112-wondering.gifemoticon-0117-talking.gifemoticon-0126-nerd.gifemoticon-0131-angel.gifemoticon-0160-movie.gifemoticon-0170-ninja.gif
今日は村上市まで小学校の文化祭の撮影で出張する。
朝は霧が出ていて朝陽がすごく綺麗だった。途中で福島潟にでも寄りたかったが先を急ぐためあきらめる。

文化祭の作品撮影の最中にストロボの調子がおかしくなる。
600EX-RTをETTLでバウンス撮影していると知らないうちにTTL撮影に勝手に切り替わっている。
露出がかなりオーバーになり安定しない。
電源を切ってストロボを装着しなおすとETTLに復帰する。
もしや先日購入した中古のシグマのレンズとカメラ本体との絞り接点の不良が起きたのだろうか?
うーん、困ったなあ。

光福寺は戊辰戦争で長岡藩の本陣が置かれた寺である。
凄惨な戦の始まりがここで告げられたのだ。
a0267861_2117371.jpg

『戊辰戦争長岡藩本陣』
幕末の風雲は、長岡藩に嵐となって襲ってきた。
慶応4年(1868)5月3日夕刻、長岡藩の諸隊長は、本陣の光福寺に集合した。軍事総督河井継之助は新政府軍に対し、開戦の決意を諸隊長に演説した。
小千谷会談の決裂ののち、「我藩の面目を保ち、藩公に殉じよう」と熱誠を弁じ、新政府軍の無法に抵抗した継之助の無念が偲ばれる。
昭和62年(1987)建立  長岡市
a0267861_21181446.jpg
a0267861_2118447.jpg

Canon EOS 70D  SIGMA DC 17-70mmF2.8-4 MACRO OS HSM
F8.0 1/60秒  ISO1000 15:53 晴れのち曇り
撮影日 2014.10.4 撮影地 長岡市摂田屋・光福寺

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。



[PR]
by chonger53 | 2014-10-25 21:18 | 歴史

戊辰戦争

emoticon-0112-wondering.gifemoticon-0117-talking.gifemoticon-0126-nerd.gifemoticon-0156-rain.gifemoticon-0170-ninja.gif
今月はじめ、保育園の運動会撮影に出張した近くが戊辰戦争の激戦地だったことを知る。
歴史好きの私としては帰りにちょっと立ち寄って見た。

ここは長岡市北越戊辰戦争伝承館といって、長岡市と新組地域の住民が北越戊辰戦争の歴史を永く伝えることを目的として、平成24年5月26日に大黒町に開館した。
a0267861_22124755.jpg

館内には地域で発見された砲弾など貴重な資料がたくさん展示してある。
a0267861_2213215.jpg

古戦場パークには昭和12年に山本五十六元帥(当時中将)の揮毫した「戊辰戦蹟記念碑」が建立されている。
a0267861_22131837.jpg

西照寺は北越戦争で長岡城を奪われた東軍が、再奪還を目指すべく西軍と戦った大黒福井の戦いで、東軍の砲台場が置かれた。
ここには戊辰の役で亡くなった長岡藩14人、米沢藩9人、会津藩3人、龍岡藩1人の墓がある。
a0267861_22133383.jpg

Canon EOS 70D  SIGMA DC 17-70mmF2.8-4 MACRO OS HSM
F8.0 1/100秒  ISO1000 13:19 晴れのち曇り
撮影日 2014.10.4 撮影地 長岡市福井・西照寺

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。



[PR]
by chonger53 | 2014-10-24 22:13 | 歴史

龍谷寺

emoticon-0112-wondering.gifemoticon-0125-mmm.gifemoticon-0143-smirk.gifemoticon-0160-movie.gifemoticon-0170-ninja.gif
先月初め、南魚沼市の中学校へ運動会の撮影のために出張して来てた。
寺巡りが好きな私は、帰りにちょっと寄り道して龍谷寺を訪ねて見た。
a0267861_2052412.jpg
a0267861_205412.jpg

インドグプタ王朝様式の慈雲観音堂はちょうど改修工事中で、堂内に安置されている十一面観音菩薩は見ることができなかった。
a0267861_206742.jpg
a0267861_2062341.jpg
a0267861_2064277.jpg

Canon EOS 70D TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F6.3 1/640秒 ISO800 17:06 晴れ 
撮影日 2014.9.6 撮影地 南魚沼市・龍谷寺


人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-10-09 20:07 | 歴史

慰霊の碑

emoticon-0101-sadsmile.gifemoticon-0106-crying.gifemoticon-0131-angel.gifemoticon-0160-movie.gifemoticon-0159-music.gif
私の父は戦争が始まると少年飛行兵に志願した。
17歳で終戦を迎え、戦地には出向いていない。
父はニュースで安倍首相が映ると、ぶつぶつぼやきながら酒を飲んでいる。
このクソ暑い日でも毎日熱燗である。
お中元に届くものは父の好きな日本酒ばかりだ。
冷たい焼酎が大好きな私には、不要な飲み物である。

先日、東公民館で行われたヒロシマ原爆展を見て来た。
被災写真や貴重な資料の展示、はだしのゲンの単行本など原爆の恐ろしさが伝わった。
平和の大切さ、命の尊さを見つめなおす機会だった。
a0267861_19414528.jpg
a0267861_19422194.jpg

Canon EOS 50D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F8.0 1/50秒  ISO500 11:00 曇りのち雨
撮影日 2014.1.3 撮影地 新潟市・護国神社

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-08-15 19:42 | 歴史

終戦の日

emoticon-0117-talking.gifemoticon-0131-angel.gif
日本は15日、69回目の終戦記念日を迎えた。
安倍晋三首相は、靖国神社に代理人を通じ、私費で玉串料を奉納し、参拝は見送った。

長岡市出身の連合艦隊司令長官・山本 五十六は誰よりも戦争を反対した男と言われている。
しかし日独伊三国同盟が締結され、太平洋戦へと時代は突入した。
山本は開戦となった真珠湾攻撃を成功させたが、米国の豊富な資源力に戦況は徐々に悪化し、日本は原爆を投下されて、敗戦国となった。

山本の生家は長岡空襲で焼失し、現在は山本記念公園となっている。
a0267861_12433834.jpg

a0267861_12441658.jpg

Canon EOS 50D  Tokina Fisheye10-17mmF3.5-4.5 DX
F16 0.5秒  ISO800 10:11  曇り 
撮影日 2011.10.11 撮影地 長岡市・山本五十六生家

公園の向かい側には山本五十六記念館があり、家族や親友に宛てた手紙や軍服などの遺品、前線視察の際に訪れたブーゲンビル島上空で戦死(満59歳没)した時に搭乗していた一式陸攻の左翼などが展示されている。
a0267861_1244412.jpg

山本の墓は長興寺 にあるが、2004年(平成16年)10月23日の新潟県中越地震で倒壊し、2005年(平成17年)4月に復旧した。
a0267861_12445440.jpg

Canon EOS 50D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F11 1/125秒  ISO250 11:26 曇りのち雨
撮影日 2012.7.3 撮影地 長岡市・長興寺

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-08-15 12:45 | 歴史