2014年 12月 01日 ( 2 )

弾はまだ残っとるがよ。

004.gif005.gif007.gif032.gif047.gif060.gif061.gif
俳優の菅原文太さんが11月28日、転移性肝がんによる肝不全のため、亡くなっていたことが本日のTVニュースで速報された。81歳だった。

文太さんは、1958年に新東宝の『白線秘密地帯』で本格的な映画デビューを果たし、その後、松竹、東映に移籍し『仁義なき戦い』『トラック野郎』シリーズ等で人気を博した。

1973年から始まった『仁義なき戦い』は1976年の『新仁義なき戦い 組長最後の日』まで、私は当時、中学生だったので映画館で見ていない。
大人になってからレンタルビデオで全8作を見て感動した。
「山森さん、弾はまだ残っとるがよ。」の台詞には本当にしびれた。

初めて文太さんの映画をスクリーンで見たのは1977年上映の『トラック野郎 第5作 度胸一番星』かも知れない。
この映画は新潟ロケで、シーサイドラインをデコトラ軍団が勇壮に走るシーンが忘れられない。

文太さんは東日本大震災の発生から、故郷の宮城県を何度も訪れている。
2012年、俳優業を引退宣言し、農業や講演活動を仕事の中心にしていた。

実は私、大の時代劇ファンである。
2007年のブログで忠臣蔵のキャスティングを自分勝手にやっていた事がある。
真っ先に吉良上野介は菅原文太さんに決めていた。
もうそんな夢も実現しなくなった。

謹んでご冥福をお祈りいたします。
a0267861_22205377.jpg

CanonEOS40D  SIGMA18-200mmF3.5-6.3 DC OS 
F11 1/60秒 ISO400 10:52 晴れのち曇り 
撮影日 2007.12.01 撮影地 三条市本町・もつ鍋専門店「一番星」のポスター

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-12-01 20:59 | その他

虹の向こうは?

005.gif008.gif009.gif017.gif034.gif042.gif057.gif058.gif
先月、車で移動中に弥彦山にかかる虹が現れた。30年近く写真を撮っているが、虹なんて二、三回撮影したほどである。
すぐに降りてカメラを出す。虹の撮影にはPLフィルターをつけるべきだが、そんな時間がもったいなかった。
撮影場所が良いとか悪いとか言う前にまず撮らなくてはいけないと思った。
データを見るとわずか5分足らずで虹は消えた。撮影枚数はたった10枚である。
どうせなら信濃川付近で撮影したかったが、こればかりは運を天に任せるしかない。

虹の向こうは晴れなのかしら♪ あなたの町の~あのあたり♪
「虹をわたって」天地真理の歌を思い出した。
a0267861_1951457.jpg

Canon EOS 70D  TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F11 1/1250秒  ISO500 8:34 雨のち晴れ
撮影日 2014.11.2 撮影地 三条市東裏館・弥彦山にかかる虹

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-12-01 19:52 | 風景