岩瀬の清水

013.gif022.gif042.gif046.gif059.gif063.gif
R290号を安田方面へ向かう途中の出湯温泉で「昭和の乗り物大集合」と書かれた案内板を見つけた。
矢印にそって右折してみる。
ようやく到着したのが阿賀野市笹神支所の駐車場である。
しかし車は何一つなく誰もいない。
どうやら翌日の開催見たいである。やられてしまった。

しょうがないので辺りを走ると「岩瀬の清水」の看板を見つけた。
これもまた看板の立ってる位置がおかしくて小学校の生徒玄関に到着する。
近くの人に訪ねたらグランドの方だと聞かされた。
初めて訪れる人にはちょっとわかりずらい場所にある。

「岩瀬の清水」は越後三清水の一つといわれ、重病人などが愛飲し、末期の水としても使われた「霊水」であった。
今から800年ほど前、この辺りに移り住んだ西国の浪人・岩瀬信四郎が、この清水を好んで飲んだことから名づけられたといわれている。
江戸中期、『越後名寄』の中で「岩瀬清水山崎町東山麓四・五丁極めて善水」と記されており、すでに名水としての地位を確立していた清水である。
明治36年に、小学校が建てられ、子供たちの飲料水として喉を潤し、地域の人たちによって大切に守られてきた。
水汲み場は東屋が建てられている。
ちょうどポリタンクを手に水を汲んでる人がいた。
昭和63年5月に笹神村の文化財に認定された。
周りには赤とんぼがたくさん飛んでいた。夕陽を眺めながら飲んだ水の味はまた格別である。
a0267861_21595183.jpg

Canon EOS 70D  TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F8.0 1/30秒  ISO3200 内蔵ストロボ調光補正なし 17:31 晴れ
撮影日 2014.9.27 撮影地 阿賀野市山崎・岩瀬の清水

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-10-19 21:58 | その他
<< 夜明けの詩 月岡温泉 >>