対談写真の撮り方

018.gif039.gif051.gif058.gif062.gif063.gif
三条中心市街地エリア情報誌まんなか秋号vol.29で、今回私が初めて三条トークの撮影をさせてもらった。
対談者はスノーピークHeadquartersの久保店長とグリーンスポーツセンターの鳥羽センター長である。
ロケ地はスノーピークのキャンプフィールドで行なわれた。
a0267861_21321963.jpg

最初は室内を予定していたのでストロボ2灯で天井バウンスを考えていた。
ところが天気も良いため、久保さんが屋外で行ないたいと言われたので自然光とレフ板のみで撮影する事にした。
対談写真を撮る時は、二人の邪魔にならないような距離感を保って撮ることが大切である。
標準ズームレンズ(24~105mm)があればほぼ撮れる。
最初は二人を中心に撮って行く。この時、カメラ目線は必要ない。
むしろ手の動きなんかを見ながら撮ると話している感じが出る。
a0267861_21253627.jpg

5分ほどして、お互いの緊張がほぐれて来たら一人ずつの撮影に切り替える。
ここで私がこだわるのは話し相手の人を前ボケにして撮る事だ。
これだと話し手と聞き手の状況関係がはっきりする。
結局、この写真は未使用になったが私の中では好きな構図である。
a0267861_21255645.jpg
a0267861_212673.jpg

会社の名前も撮影しておく。しかし文字の部分に高圧電線の鉄塔が反射して写り込んでしまった。
当然、これはボツカットになる。
a0267861_21262122.jpg

対談撮影を終えて引き上げようとしたらこんな物を発見した。
キャンプフィールドは桁外れに広い。
撮影中にブヨに刺されてしまった。1ケ月近くも腕が腫上がったままだった。
それだけ自然豊かって事である。
a0267861_21263567.jpg

Canon EOS 70D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F11 1/250秒  ISO400 10:17 晴れ
撮影日 2014.8.29 撮影地 三条市中野原・㈱スノーピーク

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-10-08 21:25 | ポートレート
<< 龍谷寺 三条美人未公開ショット >>