秋季北信越高校野球・三条商対十日町

emoticon-0101-sadsmile.gifemoticon-0121-angry.gifemoticon-0132-envy.gifemoticon-0146-punch.gifemoticon-0156-rain.gif
十日町は今春、高橋監督が異動して関井監督に代わる。
a0267861_19511098.jpg
a0267861_19513147.jpg
a0267861_19515059.jpg

十日町は2001年夏、三条東高から転任した若井監督(現長岡高監督)で悲願の甲子園初出場を果たした。
豪雪地のハンディを乗り越え、強豪高に仲間入りをさせたのが、病気のため38歳という若さで亡くなった土田浩資元監督である。
三条高野球部出身で昭和46年(1971)秋季北信越県大会で優勝した。
3年生となった昭和47年(1972)夏は4番センターで中心選手だったが中越地区予選2回戦で六日町に5-1で敗れている。
当時私は中学2年生だった。家から三条高のグランドが近かったのでよく練習を見学していた。
バッテリーが横山投手と岩坂捕手、三塁は友達の兄貴の鈴木選手だった。

土田さんは早稲田大学準硬式野球部で活躍し、1979年に十日町高に赴任する。
三条市(旧下田村)出身ということで私は何度か十日町高のゲームを応援に行っている。
1番記憶に残っているチームが昭和62年(1987)の時代だ。
前年夏、県大会決勝で中越に敗れた。秋に北信越県大会で初優勝し、春もベスト4に進出する。夏は今度こそ優勝して甲子園に出場するかもしれないと期待されたチームだった。
佐藤ヶ池球場で行われたベスト8の対戦相手は名将鈴木監督の中越である。
中越の主将は三塁の土田(3年)。その彼がシートノックでいきなりバックホームした送球を鈴木監督にぶつけ、球場を騒然とさせた。
投手は2年生の鈴木(修)、一塁には鈴木(裕)がいた。
十日町のエースは星名(3年)、三塁にはスラッガーの大渕(3年)【現日本ハムスカウト】がいた。
試合は3-4で中越が逆転勝ちした。またしても夢破れたり。ダッグアウトで泣き崩れるトンボ軍団の姿が痛々しかった。
鈴木監督は「もう少し苦労して甲子園に行って欲しい」と自らの経験を踏まえたコメントを残した。
中越は決勝で新発田農に敗れたが翌年夏5回目の甲子園出場を果たす。
土田監督は1993年志半ばで天国へ旅立った。
十日町高が甲子園出場を決めた時、優勝インタビューで若井監督は「やっと十日町から甲子園に行けます」と応援団に呼びかけた。
それは夢かなわなかった土田監督への感謝のメッセージでもあったのである。
a0267861_1952866.jpg

三条商の野球部は昭和22年(1948)に夏の全国高校野球新潟大会に初めて参加した。
過去の最高成績は昭和43年(1968)の夏ベスト4がただ一回あるのみ。もう半世紀近く前となる。
私が小学4年の頃、同じアパートに住んでいる高橋さんという人が当時の捕手で出場していた。
あんまり遊んでもらった事はないが、顔は覚えている。
その1年前の昭和42年(1967)夏はオール三条で四番打者の伊藤さんや三条信金で監督をした折笠さん等がいたが県大会1回戦で柏崎に4-3で敗れている。
昭和44年(1969)夏は現在市会議員をしている高坂投手がエースだったが県大会1回戦で新潟に3-2で敗れる。
昭和45年(1970)夏は三條機械で監督をした八子選手(旧姓佐藤)がいたが県大会2回戦で小出に2-1で敗れる。
昭和47年(1972)夏は鷺宮製作所、ニチエーで活躍した広田投手が1年生で投げ、ベスト16に進出するも新潟南に10-3で敗れる。
昭和48年(1973)夏は長谷川主将、4番小日向選手がいたが県大会2回戦で新発田農に6-1で敗れる。
昭和49年(1974)夏は強打者の3番藤岡選手(元大洋ホエールズ投手)がいたが県大会2回戦で柏崎に4-1で敗れる。
昭和50年(1975)夏は三条シニアの木村監督がエースで孤軍奮闘するも県大会2回戦で長岡工に4-1で敗れる。
昭和51年(1976)春は2年生のエース西堀投手の活躍で県大会ベスト16に進出、夏は3回戦で新発田高に5-4で敗れた。
昭和55年(1980)秋は入倉投手(2年)のがんばりで、県下四地区予選を勝ち上がった12校に残り県大会に出場する。抽選の結果初戦がベスト8からとなるが、北越商の古川投手(元中日)に7-0(七回コールド)1安打完封負けであっけなく敗れた。
昭和56年(1981)夏は2回戦で新潟商に8-3と逆転負け。新潟商には日本ハムで活躍した渡辺浩がレフトを守っていた。
昭和57年(1982)夏は左腕池田-仁木のバッテリーがいたが3回戦で新潟明訓に2-1で敗れている。

三条商は女子生徒が多くなり、部員の確保も厳しくなってきている。
いつの日か近郊の学校と連合軍になって参加せざるを得ない時が来るかもしれない。
そうならないためにも先輩達の厳しい視線で野球部を盛り上げていってほしい。
このスコアを見て、選手達が悔しいと思わなければいつまでたっても上位進出は望めないだろう!
お嬢様野球ではなく、根性野球を来春は見せてもらいたい。
a0267861_1952478.jpg

Canon EOS 70D  EF100-400mmF4.5-5.6L IS USM
F8.0 1/250秒 ISO400 13:57 雨のち曇り 
撮影日 2014.9.12 撮影地 三条市月岡・三条パール金属スタジアム


人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-09-15 19:54 | スポーツ
<< BCリーグ・新潟2-0信濃 秋季北信越高校野球・中越対三条 >>