「ほっ」と。キャンペーン

秋季北信越高校野球・長岡向陵対三条東

emoticon-0108-speechless.gifemoticon-0125-mmm.gifemoticon-0141-whew.gifemoticon-0157-sun.gif
第131回秋季北信越高校野球県大会の支部予選が11日、開幕した。
三条勢のトップを切って出場した三条東は7-10で長岡向陵に競り負けた。

ノックを終えて挨拶する竹田監督
a0267861_20315065.jpg

三条東の斉藤監督
a0267861_2032153.jpg

長岡向陵の先発・石田(2年)
a0267861_20323626.jpg

三条東の先発・小倉(2年)
a0267861_20324626.jpg

六回裏、長岡向陵は2死満塁から1番三瓶(2年)が左中間に3点二塁打を放ち6-4と逆転する。
a0267861_2033451.jpg

三条東は九回表、途中出場の登坂(2年)が2死一、三塁から右前安打を放ち3点差まで詰め寄るが及ばなかった。
a0267861_20331570.jpg

長岡向陵は1992年夏、甲子園に初出場している。
当時の小柳監督は早稲田イズムを浸透させ、スパルタ野球で部員達を鍛え上げた。
創部わずか9年にしての快挙だった。
この年のチームは秋も春もベスト16止まりでまったくのダークホース的存在だった。
夏の決勝では新潟南を2-1で破る。優勝の瞬間、小柳監督がベンチ前で泣き崩れたシーンが思い出される。

私が初めて長岡向陵のゲームを見たのが、1987年秋の北信越中越地区予選だった。
小千谷市の白山運動公園野球場で長岡商と対戦した。
結果は長岡向陵が9-2(八回コールド)で長岡商に勝った。
この試合はまさに新旧交代を告げるような展開になった。
長岡商は試合前のシートノックからおかしかった。ベテラン黒田監督のノックが外野まで飛ばない。
さすがに体力が衰えたようだ。
また三塁手がファンブルしつづけると、わざとショートにゴロを打って「お前のボール」だと怒鳴りつける。
一方の長岡向陵は坊主頭もツルツルで、内野手の送球や球際の足の運びは、甲子園に出場した時の長岡商を彷彿させるようだった。
決定的だったのは七回裏だった。1死一、二塁で長岡向陵はダブルスチールで長岡商のバッテリーを揺さぶる。
黒田監督は一呼吸おかせようとベンチからタイムを要求したが、投手が聞き取れなかったのかすぐに投球して、痛打を浴びた。
もはや選手と監督の信頼関係がなくなっているようだった。

長岡向陵の精神野球を見た私は、近いうちに甲子園に出るだろうと感じ取った。この4年後に見事甲子園に出場する。
新設校でも「やれば出来るんだ」と証明させた結果だった。
a0267861_2034345.jpg

Canon EOS 70D  EF100-400mmF4.5-5.6L IS USM
F8.0 1/1600秒 ISO1000 12:00 曇り 
撮影日 2014.9.11 撮影地 三条市月岡・三条パール金属スタジアム


人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-09-12 20:34 | スポーツ
<< 秋季北信越高校野球・県央工新メンバー 目指せ!四大大会 >>