三条夏祭り・大花火大会

008.gif015.gif021.gif039.gif061.gif068.gif072.gif
三条夏祭り二日目は大花火大会である。
午後7時半から旧三条競馬場側の信濃川堤外地から打ち上げられ、10万人以上の観客で賑わった。
例年だと六ノ町河川緑地で撮影するのだが、今年は新しく完成した防災センター隣接の観覧会場から撮って見る。
これがそもそも失敗の始まりである。
この場所からだと川面が全然見えず、ナイヤガラ大瀑布がかかる瑞雲橋も大きな木々が邪魔をして隠れてしまう。
その場にはインターネット・ケーブルテレビのエヌ・シィ・ティ(NCT)女性カメラマンがいた。
気楽な気分で隣に三脚をセットさせてもらう。
花火が打ち上げられた。
ここで最初の失敗にきずく。標準ズームしか持ってこなかった事だ。打ち上げ場所が近いためか、スターマイン全体を入れようとすると16-35ミリのワイドズームが必要だった。
さらに決定的なのはレリーズがないことだ。
そこでスマートフォンからEOS Remoto撮影を試みた。モニターに花火が見えて構図を確認するには便利だが、電池の消耗が早すぎてこれではバッテリー不足で最後までもたない。
さらにもう一つアクシデントがあった。
私が撮影している場所が一般客にはよぽどよい場所だと思われてるようで、後からどんどん観客が私の前に入ってくる。
そのたびに三脚へ足をひっかけられれてしまう。
どうも落ち着かないので場所を変えることにした。

自転車に乗って橋を渡っていると、警備員に「自転車を降りてください」注意される。
急いで次の場所へ移動する。
嵐川橋は花火観覧ができないので御蔵橋へやってきた。
ここはスターマインが全部見えて川面にその光が反射する。良い場所だと思った。
しかし車両が通るのでけっこう橋の上は揺れる。
仕上がりを見るとブレている。

来年は堤防の下で撮影して見るかな?
a0267861_93954.jpg
a0267861_9383489.jpg

Canon EOS 70D TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F16 セルフタイマー8秒 DPP比較(明)合成 ISO250 19:54 晴れ 
撮影日 2014.8.2 撮影地 三条市・三条市防災ステーション観覧エリア


人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-08-31 09:39 | 心象風景
<< 三条夏祭り・総踊り 三条夏祭り・市民民謡踊り流しⅡ >>