静御前の墓

002.gif007.gif016.gif032.gif071.gif070.gif053.gif054.gif
旧栃尾市には源義経の愛妾「静御前」の墓がある。
静は平安末期から鎌倉時代にかけて流行した歌舞を歌い舞う白拍子(しらびょうし)で、その美貌は義経の目にとまった。
やがて義経は兄の頼朝の怒りをかって追われる身となり、静は頼朝の追っ手に捕らえられ、鎌倉の頼朝の前に引き出される。
頼朝と妻の北条政子は静に舞を所望し、静がやむなく歌った唄がこれである。

しづやしづ しづのをだまき くり返し 昔を今に なすよしもがな
(倭文(しず)の布を織る麻糸をまるく巻いた苧(お)だまきから糸が繰り出されるように、たえず繰り返しつつ、どうか昔を今にする方法があったなら)

吉野山 峰の白雪 ふみわけて 入りにし人の 跡ぞ恋しき
(吉野山の峰の白雪を踏み分けて姿を隠していったあの人(義経)のあとが恋しい)

この義経を慕う歌が頼朝を激怒させるが、妻の政子が「主を思う女心は、女にしかわからないものです」と取り成して命を助けた。

この時、静は義経の子を妊娠していて、頼朝は女子なら助けるが、男子なら殺すと命じる。
そして静は男子を産んだ。赤子は泣き叫ぶ静から取り上げられ由比ヶ浜に沈められた。

傷心の静は、みちのくの平泉に落ちのびた義経を追うが、頼朝の兵たちが厳重に固める太平洋沿いの道は北上できず、越後に出て、そこから山中を会津へ抜け、さらに平泉に向けて北上するという道のりを選ぶ。
しかし長旅の途中、この栃堀までやって来た静は病に倒れ、建久元(1190)年4月28日に息を引きとった。
二人の侍女が墓のそばに建てた庵が現在の高徳寺になったとされている。

明治の末、静の話を聞き知った小向村のセイという娘が静を哀れみ、自らが機を織って稼いだ金を細々とたくわえ続け、静の供養のための石塔を建立した。 
a0267861_2012318.jpg
a0267861_20243.jpg
a0267861_2021569.jpg

Canon EOS 70D TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F8.0 1/60秒 ISO250 15:27 晴れ 
撮影日 2014.7.5 撮影地 長岡市栃堀・静御前の墓


人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-08-07 20:01 | 歴史
<< BCリーグ・新潟6-1群馬 SLランド >>