堤清六邸跡広場のハナミズキ

001.gif029.gif056.gif063.gif
堤 清六(つつみ せいろく、1880年2月15日 - 1931年9月12日)は、日魯漁業株式会社(現株式会社ニチロ)の創業者である。
新潟県南蒲原郡三条町上町(現三条市)に呉服商「近清」(堤家)7代目の清七、千代の長男(第1子)として生まれた。
堤の生家はのちに三条市に寄付され、跡地を勤労青少年ホームとして使用した。
勤労青少年ホームが老朽化により移転し、生家の一部を移転改築し「蒼龍庵」、「堤邸広場」として整備。
街歩きの休憩場所になっている。
a0267861_10172514.jpg
a0267861_10173628.jpg
a0267861_1018373.jpg

Canon EOS 70D TAMRON 16-300mm F/3.5-6.3 Di II VC PZD
F8.0 1/200秒 ISO200 15:45 晴れ 
撮影日 2014.5.4 撮影地 三条市本町・堤清六邸跡広場


人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。






005.gif
EOS70Dは復数の画像を重ね合わせて写真を撮る事ができる。
加算平均は重ねる枚数に応じて自動的にマイナス補正を行ってくれる。
胸像、時計、ハナミズキと3枚合成して見た。
取説をよく読まないで適当に撮影したら、全部が重なって何だか解らなくなり、繰り返し撮影した中で偶然撮れたのがこの画像である。
あとでじっくり取説を読むと、ライブビューにして撮れば画像を重ねる位置が見えると書かれていた。
なるほどこれならイメージが解る。
今後の作品作りに活躍しそうなメニューである。
a0267861_10194961.jpg

[PR]
by chonger53 | 2014-05-17 10:19 |
<< 三条大橋からの日の出 極楽寺のツツジ >>