小野塚彩那 銅メダル獲得

003.gif010.gif016.gif024.gif053.gif038.gif068.gif065.gif072.gif
深夜のテレビにくぎつけとなり、今日は眠たい1日となった!

ソチ五輪第14日の20日、新種目として採用されたフリースタイルスキー女子ハーフパイプに挑戦した小野塚彩那選手(25)が銅メダルを獲得した。
予選4位で通過した小野塚選手(石打丸山ク)は決勝1回目で暫定3位につけた。
2回目は高いエアと高度な技でポイントをのばし、残り3人のうち、最後から2人目のシガニー(米国)は小野塚選手の得点を超す事が出来ず、銅メダルが確定した。

小野塚選手は南魚沼郡塩沢町(現在の南魚沼市)出身である。
母親の実家である民宿「勝田屋」の近くにある石打丸山スキー場で、2歳の頃からスキーを始めた。

2010年まではアルペンスキーの技術系選手として活躍し、2011年からフリースタイルスキーハーフパイプ競技に転向した。

W杯参戦の資金調達のため、アルバイトをしながら、地元企業に支援をお願いし、サポーターズクラブが発足した。
世界を目指して来た地道な苦労が、ようやく報われたのである。

これで今大会は新潟県勢が3人もメダルを獲得する。
今日は世界のスターとなった小野塚選手の出身地(塩沢・牧之通り)をアップしてみた。
a0267861_19182825.jpg
a0267861_1919166.jpg

Canon EOS 50D  EF-S10-22mmF3.5-4.5 USM
F10  1/100秒 ISO400 16:41 曇り時々晴れ
撮影日 2010.5.5 撮影地 南魚沼市塩沢・牧之通り

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-02-21 19:19 | スポーツ
<< 浅田真央 万感のラストダンス! 竹内智香・銀メダル >>