渡部と葛西が銀メダル

003.gif007.gif014.gif038.gif049.gif066.gif
ソチ五輪は12日、ノルディック複合個人ノーマルヒルで渡部暁斗(25)が銀メダルに輝いた。
日本の複合は1994年リレハンメル大会以来20年ぶりのメダルとなった。
ソチ五輪で解説者としてデビューした荻原健司が絶叫し、弟の次晴(テレビ東京のソチ五輪メインキャスター)は大号泣した。

15日、スキーのジャンプ男子個人ラージヒルの決勝が行われ、冬季五輪史上最多7度目の出場となる葛西紀明(41)が銀メダルに輝いた。
ジャンプの個人種目での日本勢のメダルは、1998年長野大会ラージヒルでの船木和喜の金メダル以来。
レジェンド葛西は94年リレハンメル大会の団体で銀メダルを得ているが、個人ではついに初のメダルを獲得した。
a0267861_9324223.jpg

CanonEOS30D  EF16-35mmF2.8L USM  
F8.0  1/50秒 16:07 曇り
撮影日 2007.3.27 撮影地 長岡市

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2014-02-16 09:32 | スポーツ
<< 東京都知事選挙 羽生選手・金メダル >>