阿賀に生きる

emoticon-0140-rofl.gifemoticon-0104-surprised.gifemoticon-0111-blush.gifemoticon-0117-talking.gifemoticon-0137-clapping.gifemoticon-0136-giggle.gifemoticon-0160-movie.gif
昨日、三条市総合福祉センターで未来の生活を考える会の主催による「阿賀に生きる」という映画上映が行われました。
お袋とその友人を連れて3人で初めて見て来ました。
この映画は旧下田村出身の小林茂監督が1992年に制作した阿賀野川流域に暮らす人々のたくましい生命が描かれたドキュメンタリーです。
監督とスタッフ7人が現地に住み込み、3年がかりで撮影しました。

素人の爺ちゃんや婆ちゃんの日常生活の様子は、どんな素晴らしい俳優でもかないはしません。
本当に可笑しくて何度も笑ってしまいました。
他にも、昭和電工鹿瀬工場が水俣病を引き起こした公害事件の様子も描かれており、環境汚染の問題についても考えさせられました。

封切りから20年が経ち、「阿賀に生きる」は時を超えて16mmニュープリントで甦りました。
a0267861_21123815.jpg

Canon PowerShot G10  6.1-30.5mm 
F8.0 1/80秒  ISO400  
撮影日2013.12.19 撮影地 自宅


人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2013-12-23 21:11 | その他
<< クリスマスイブ 如法寺~参道~ >>