「ほっ」と。キャンペーン

恩師と再会

emoticon-0102-bigsmile.gifemoticon-0104-surprised.gifemoticon-0128-hi.gifemoticon-0150-handshake.gifemoticon-0154-mail.gif
四日町小学校の閉校式の翌日、なんと学級担任だった先生に偶然お会いする事が出来き、びっくり仰天である。
11月3日は三条別院お取り越しで報恩講の恒例行事である三遊亭金馬一門による「ごぼさま寄席」が行われた。
2005年にTBSで放送された『タイガー&ドラゴン』を見てから私は落語ファンになり、東京出張の夜は浅草へよく落語を見に行っていた。
実はこの日のごぼさま寄席が始まる前に、お取り越し奉賛会による川柳の表彰式が行われた。
先生の作品が佳作に選ばれ、表彰されたのである。
先生の俳号(はいごう)はご自身のの名前と小林一茶をもじって英茶と名乗られている。
一目見てすぐに先生だと分かった。

満員の場内では身動きが出来ないため、金馬師匠の落語と抽選会が終わってから先生の近くに行く。
「私、四日町小学校で6年3組にいた〇〇です」「おお!わかるわかる」と先生はすぐにおっしゃってくれた。
昨日の閉校式でお会いする事が出来なかったが、翌日に再会できるなんて御仏のお導きだったのだろうか?
先生とお会いするのは1986年4月に同級会を開いた以来27年ぶりとなる。

後片付けをしていた人にお願いして写真を撮ってもらった。
後日、先生に写真を郵送したらお礼の手紙が達筆で届いた。
先生は現在80歳を過ぎたという。
その時の気持ちを読んだ川柳が今回表彰されていた。
「加護あって共に傘寿の坂を越え」

いつまでもお元気でまたの再会を楽しみにしています。
a0267861_1922444.jpg

Canon EOS 50D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F8.0 1/50秒 ISO1600 内蔵ストロボ調光補正+1 16:35 雨 
撮影日 2013.11.3 撮影地 三条市本町・三条別院本堂


人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2013-12-05 19:21 | スナップ
<< 越後みしま竹あかり街道 四日町小学校閉校式 >>