吉田町の唄コンサート

003.gif029.gif043.gif051.gif060.gif
今年5月に開庁した燕市役所新庁舎である。
先月19日、「吉田町の唄」コンサートが新庁舎1階のつばめホールで行われ、初めて入って見た。
a0267861_19382949.jpg

Canon EOS 50D  EF-S10-22mmF3.5-4.5 USM
F11 1/200秒 ISO400 12:51  曇り 
撮影日 2013.10.19 撮影地 燕市吉田西太田・燕市役所

本日のコンサートは燕三条エフエムの倉重アナがMCを担当した。
a0267861_1929506.jpg

トップはカレーラーメンの歌が代表曲の矢代秀晴さん。
a0267861_19304676.jpg

「吉田町の唄」は22年前に地元青年グループが町おこしの一環で同じ名字の吉田拓郎さんに作成を依頼した。
完成当初は歌詞に吉田の地名がないなどと議員さんから批判も出たが、徐々に町民に親しまれていった。
しかし2006年の合併後、耳にする機会は減り、今では燕市のゴミ収集車の曲になってしまった。
そこで今回、当時のメンバーだったブラザーズ・スリーの富所さん(中央)が、曲の完成記念コンサートで歌ってくれた小室等さんを招き、「吉田町の唄」をみんなでもう1度合唱したいと思い実現したのである。
a0267861_1931592.jpg

「恋ツバメ」で有名なウタヤ音楽堂も参加しました。
a0267861_19313279.jpg

本日のゲスト小室 等(こむろ ひとし・70歳)さんが登場すると会場は一気に盛り上がる。
私が中学生の頃、上條恒彦と六文銭が歌った『出発の歌』(作詞:及川恒平、作曲:小室等)が大ヒットした。
その後、1975年に井上陽水、吉田拓郎、泉谷しげるとともに、フォーライフ・レコード社を発起し、初代社長となった。
a0267861_19314793.jpg

最後は元青年グループ「若者共和国」のメンバーも加わり、会場の皆さんと一緒に「吉田町の唄」を歌った。
11月からは吉田地域の4小学校で昼休みの校内放送に流される事になった。
a0267861_1932278.jpg

Canon EOS 50D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F8.0 1/60秒 ISO2500 内蔵ストロボ調光補正なし 16:21 曇り 
撮影日 2013.10.19 撮影地 燕市吉田西太田・燕市役所内つばめホール

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2013-11-29 19:31 | スナップ
<< 2014年版年賀状データ集 今年最後のマルシェ ~路上ライブ~ >>