県央工vs桐生第一

008.gif021.gif042.gif047.gif058.gif
桐生第一を招待して三条野球連盟主催の三条市親善高校野球大会二日目の第二試合は県央工が対戦し1-3で敗れた。

県央工の先発はエース小成(3年)。
五回を被安打4、無失点に抑える好投だった。
彼は投げ終えるといつも帽子が脱げるシーンが目立つが、今日はどうした訳かそんな場面が見られなかった。
a0267861_2144214.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6 1/1250秒 ISO200 13:48 晴れ
撮影日 2013.6.9 撮影地 三条市月岡・三條機械スタジアム

桐生第一の先発はエース石井(3年)。九回を完投し被安打5、与四球1、7奪三振、1失点と安定したピッチングを見せた。
a0267861_21441970.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6 1/1250秒 ISO250 13:29 晴れ
撮影日 2013.6.9 撮影地 三条市月岡・三條機械スタジアム

県央工は三回表、2死三塁から3番本宮(3年)が中前適時打で先取点を挙げる。
しかし写真としてはヘルメットで顔が見えていないためNGカットである。
内野スタンドから打者を撮影すると必ずこんな風になってしまうのだ。
県央工は打線が弱いためタイムリーの場面を撮るチャンスがなかなかない。
だから撮りやすいピッチャー中心の撮影になってしまう。
a0267861_21443477.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6 1/1250秒 ISO250 12:40 晴れ
撮影日 2013.6.9 撮影地 三条市月岡・三條機械スタジアム

六回裏から県央工は澤口(3年)が登板する。
a0267861_21445821.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6 1/1250秒 ISO320 13:38 晴れ
撮影日 2013.6.9 撮影地 三条市月岡・三條機械スタジアム

七回裏、桐生第一は2死二塁から代打高橋(2年)が二塁打で同点とする。
続打者にも三塁打を打たれ2-1と逆転された。
a0267861_21451537.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6 1/1250秒 ISO200 13:38 晴れ
撮影日 2013.6.9 撮影地 三条市月岡・三條機械スタジアム

八回裏、県央工は三番手に赤塚(3年)を投入する。しかし内野安打、盗塁、タイムリー二塁打で1点を追加され万事休す。
勝負どころでタイムリーが出る桐生第一のバッティングはさすがである。
a0267861_21452848.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6 1/1250秒 ISO200 13:48 晴れ
撮影日 2013.6.9 撮影地 三条市月岡・三條機械スタジアム

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2013-06-12 21:45 | スポーツ
<< もう1度甲子園へ! 三条vs桐生第一 >>