県央工、ベスト4入り

009.gif038.gif058.gif066.gif
雨で順延となった第128回北信越高校野球県大会の準々決勝第二試合は12日、佐藤池球場で行われ県央工が2-0で新潟工に勝ち準決勝に進出した。

新潟工を率いて3年目の三田監督(40)は中越高OBで平成9年から平成15年まで三条工の野球部を指導していた事がある。
当時の野球部は公式戦23連敗中の弱小チームで部活動がまったく機能していない状況だった。
選手の意識改革をはじめ、中越の練習方法を取り入れるなどして勝利を目指した。
平成14年には就任後、夏の大会で初の4回戦まで勝ち上がる。
平成16年から燕工業高を統合し、新潟県央工業高として名前が変わった。
平成20年、鈴木監督が悲願の甲子園出場を果たし、近年の野球部はめざましい成績を残している。
今までたくさんの監督が指導してきたが、三田監督の時代に変革の第1歩があった事を恩師の鈴木春祥元中越高野球部監督から私は聞かされた事があった。
この日は古巣との対戦となり、両チーム無失策で好ゲームが行われた。
a0267861_21195130.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6 1/1600秒 ISO640 9:36 晴れ
撮影日 2013.5.12 撮影地 柏崎市・佐藤池球場

県央工は奈良遠征で自信をつけた背番号10の澤口(3年)が先発する。
4回を3安打無失点に抑える好投だった。
a0267861_2120868.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6 1/1000秒 ISO320 10:09 晴れ
撮影日 2013.5.12 撮影地 柏崎市・佐藤池球場

県央工は8回表に4番赤塚(3年)が適時二塁打で1点を先取する。
a0267861_21204035.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6 1/1250秒 ISO320 11:24 晴れ
撮影日 2013.5.12 撮影地 柏崎市・佐藤池球場

続く5番小成(3年)もライト前に打ち返し2点目をあげた。
a0267861_21205438.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6 1/1250秒 ISO250 11:25 晴れ
撮影日 2013.5.12 撮影地 柏崎市・佐藤池球場

五回からリリーフした赤塚が新潟工打線を2安打に抑えた。
a0267861_2121790.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6 1/1250秒 ISO640 10:46 晴れ
撮影日 2013.5.12 撮影地 柏崎市・佐藤池球場

県央工が春季北信越県大会でベスト4に進出したのは平成20年以来5年ぶりとなる。
a0267861_21211820.jpg

Canon EOS 50D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F11 1/400秒 ISO400 11:46 晴れ 
撮影日 2013.5.12 撮影地 柏崎市・佐藤池球場


人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2013-05-13 21:21 | スポーツ
<< 県央工、決勝進出ならず! カタクリに会いたくて・・・・ >>