東日本大震災から2年

002.gif032.gif051.gif072.gif
今日で東日本大震災からまる2年となる。死者1万5881人、行方不明2668人、避難者は31万5196人と報道された。

私は地震が発生した当時(午後2時46分)、雑誌編集者と打ち合わせ中だった。
TVを見ると大きな津波が東北地方を襲い、異常な事態に言葉を失ってしまった。
そして、今日またその雑誌社から画像データの編集依頼について企画書が届いた。
偶然とはいえ奇妙な気分である。

震災の復興を遅らせているものは福島第一原発の事故であろう。
放射能の除染関連費用は2兆円を超えるとされている。

1年ほど前に私が五十肩で通院していたお医者さんで、浪江町から三条へ避難してきた漁師さんと知りあいになった。
津波で自宅や漁船などを失った。
新しく位牌を作ってもらったのが私の同級生だった事を知り、何かご縁を感じた。
今はカメラを持って地域の情報誌を発行する仕事をされている。

山の奥で明るく光っているのは柏崎刈羽原発である。
巨大な防潮堤を作らなければこの海岸線も津波が発生すれば壊滅するに違いない。

亡くなられた人たちのご冥福と復旧、復興を願って被災地への応援をしていきたい。
a0267861_2113971.jpg

Canon EOS 50D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F13 B30秒 ISO400 18:09 曇り時々雪
撮影日 2011.2.12 撮影地 柏崎市・椎谷

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2013-03-11 21:01 | 風景
<< 雪上プロレス 冬鳥越屋台村 >>