水と土の芸術祭・旧亀田町役場庁舎

005.gif013.gif
芦沼と呼ばれた亀田の地をずっと見てきた旧亀田町役場が解体される事になっている。
”解体”という「転換点」を機に、この地の行く末を考える市民プロジェクトである。
二人の作家とともに、協働した作品だ。
a0267861_23432558.jpg

Canon EOS 7D  EF-S10-22mmF3.5-4.5 USM
F13  1/160秒 ISO400 11:17  曇り時々晴れ HDR加工
撮影日 2012.10.20 撮影地 新潟市江南区亀田・旧亀田町役場

村木薫・「亀田本町通り周辺における土と植物による修景プロジェクト」
かつて亀田郷の生活を支えた田舟に土の卵を設置し、藁でつくった鳥が建物の外へ向かって飛び立ち、土の層から人々の生活の断面が寄り添うと解説してあった。
a0267861_23435176.jpg

Canon EOS 7D  EF-S17-55mmF2.8IS USM
F11 6秒  ISO400 10:10  曇り時々晴れ HDR加工
撮影日 2012.10.20 撮影地 新潟市江南区亀田・旧亀田町役場

酒百宏一・「亀田町役場の記憶」
旧庁舎内部や水の記憶に関するモノに紙をあてて、色鉛筆で擦るフロッタージュの技法で作品を制作した。地域の住民、小中学生らが写しとった紙を床に貼っている。
a0267861_2344230.jpg

Canon EOS 7D  EF-S10-22mmF3.5-4.5 USM
F11  1/20秒 ISO400 10:51  曇り時々晴れ HDR加工
撮影日 2012.10.20 撮影地 新潟市江南区亀田・旧亀田町役場

人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2012-11-03 23:43 | 心象風景
<< 県縦断駅伝 水と土の芸術祭・亀田 >>