アルプス席から試合を撮る

008.gif015.gif039.gif042.gif
内野席の当日入場券が売り切れになっていた。
したがって一塁側アルプス席から私の持ってるレンズで選手をアップで狙うには赤丸の場所しかない気がする。
甲子園は地方大会と違って、観戦エリアが仕切られており観客の数も多く内野席を自由に動いて撮影は出来ない。
そのため撮影の守備範囲が狭くなってしまうから非常に残念である。

まずバッテリー、サード、ショート、セカンド、レフト、センター、ベンチの様子はアップで撮る事は不可能である。
では何処が撮れるか試合を観戦しながらカメラを向けて見た。
a0267861_1458516.jpg

Canon EOS 50D  SIGMA18-250mmF3.5-6.3 DC OS HSM
F8.0 1/160秒 ISO800 17:08 雨のち曇り
撮影日 2012.8.13 撮影地 兵庫県西宮市・阪神甲子園球場

一番簡単に大きく撮れるのはライトの選手である。
a0267861_14582223.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6 1/1600秒 ISO640 15:54 雨のち曇り
撮影日 2012.8.13 撮影地 兵庫県西宮市・阪神甲子園球場

内野手は背中しか見えないがファーストの選手が振り向いて外野に声をかけたところを狙った。
a0267861_14583657.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6 1/1600秒 ISO3200 17:25 雨のち曇り
撮影日 2012.8.13 撮影地 兵庫県西宮市・阪神甲子園球場

攻撃の撮影をしていくうちにある事が分かった。
打者が一塁まで全力疾走してくるとファインダーの中にだんだん大きくなって写る事である。
これなら私のレンズでも守備範囲である。
地方大会ではこんなアングルで撮影した事がなかったので新しい発見だった。

新潟明訓は18日(土)の3回戦第3試合で明徳義塾と対戦する。
すでに内野席の前売り券は売り切れとなっている。

TV中継を見ていると毎日のようにバックネット裏最前列で「ラガーシャツ」を来たお父さんが全試合を観戦しているのが映っている。
試合の度にシャツの色が変わっているのが面白い。
いったいこのお父さんは誰なんだろう?
明訓戦だけ私に席を譲ってくれないかな。
a0267861_1458502.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6 1/1600秒 ISO1250 16:28 雨のち曇り
撮影日 2012.8.13 撮影地 兵庫県西宮市・阪神甲子園球場

a0267861_1459567.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6 1/1600秒 ISO2000 16:44 雨のち曇り
撮影日 2012.8.13 撮影地 兵庫県西宮市・阪神甲子園球場

a0267861_14592168.jpg

Canon EOS 7D EF70-200mmF2.8L IS USM+エクステンダーEF2×Ⅱ
F5.6 1/1600秒 ISO3200 16:46 雨のち曇り
撮影日 2012.8.13 撮影地 兵庫県西宮市・阪神甲子園球場


人気ブログランキングに登録しています。
良かったらここをクリックして下さい。

[PR]
by chonger53 | 2012-08-16 14:59 | スポーツ
<< 三条夏祭り~カラオケ~ アルプススタンド >>